製品カテゴリ

を検索

16mm12V赤のコントロールパネルインジケーターライト

FL1P-16NA-1

目次

12Vコントロールパネルインジケーターライト製品紹介

 

FILNはインジケーターライトを専門とする会社です。 15年以上にわたってインジケーターライトの製造と開発を行ってきました。この期間中、顧客の要求を完全に排除し、インジケーターライトで循環するさまざまなデザインを設計しました。

古典的なものは12Vコントロールパネルのインジケーターライトです。 2020年12月、私のアメリカ人の顧客は、子供用の車用のインジケーターライトを注文する必要があることに気づきました。しかし、取り付け穴とヘッドライトを凝縮できないという問題のため、彼らはサプライヤーを探していました。彼が12Vコントロールパネルのインジケーターライトのサイズと詳細を教えてくれた後、私はインジケーターエンジニアとヘッドライトの発散の問題を回避する方法について話し合い始めました。 12週間後、インジケーターエンジニアは12Vコントロールパネルのインジケーターライトを使用する権利を取得しました。完璧なソリューションであるエンジニアは、高温耐性、靭性、優れたエンジニアリングプラスチックを使用して、12Vコントロールパネルインジケーターライトのヘッドを囲み、高度な銀色の反射塗料設計を使用して、12Vコントロールパネルインジケーターライトの光源を十分に保護します。また、1Vコントロールパネルのインジケーターライトの美しさを完璧に際立たせます。 12.5VコントロールパネルインジケーターライトのFILNモデルはFL1P-XNUMXNW-XNUMXです。

 

FL1P-12.5NW-1Vコントロールパネルインジケーターライトに関するQ&A

 

– 12Vコントロールパネルのインジケーターライトはどこで使用できますか?

12vコントロールパネルのインジケーターライトの使用は非常に広いです。 12vコントロールパネルのインジケーターライトの設計は、ライトが十分に凝縮され、光源が発散しない場所を見つけることです。次に、使用できる相手は、充電パイル、太陽エネルギー、電源ボックス、地下鉄、メーターを持っています。ボード、オーディオ機器、配電ボックス、効果音、映画館、医療機器、車のパネルなど。

 

– 12Vコントロールパネルのインジケーターライトはどのくらいの電圧を使用できますか?

12Vコントロールパネルインジケーターライトの通常の電圧は、3V、6V、12V、24V、110V、220V、380Vです。お客様がより高いvを注文する必要がある場合は、お客様に合わせてカスタマイズすることもできます。

 

– 12Vコントロールパネルのインジケーターライトにはどのような色を使用できますか?

12Vコントロールパネルのインジケーターライトの通常の色は、赤、黄、緑、青、白です。お客様に特別な色のニーズがある場合は、それらをカスタマイズすることもできます。

 

–この12Vコントロールパネルインジケーターライトの購入方法は?

あなたは私たちに手紙を書くことができます、そして私たちは24時間以内にあなたに返信します、 お問い合わせ@ cnylin.com.cn.

 

人気のあるカテゴリ: 金属インジケーターライト

コントロールパネルインジケータライトの総合ガイド

コントロール パネルのインジケーター ライトは、産業プロセスから日常のデバイスに至るまで、さまざまな用途に不可欠なコンポーネントです。 この包括的なガイドでは、LED パネル インジケーター ライトなどの種類、12V インジケーター ライト、120V LED パネル インジケーター ライトなどの電圧バリエーションなど、これらのライトについて知っておくべきことをすべて詳しく説明しています。 それらの役割、メンテナンスのヒント、新たなトレンド、さらには特定のニーズに適したものを選択する方法についても説明します。 あなたが業界の専門家であっても、この興味深いテーマについてもっと理解したいと考えている人であっても、この記事はコントロール パネルのインジケータ ライトの理解を助ける洞察と実用的な情報を提供します。

コントロール パネルのインジケータ ライトとその重要性とは何ですか?

定義と目的

コントロールパネル表示灯は、機械、車両、電子機器などの幅広い用途に使用される特殊な照明です。 その主な目的は、電源オン、エラー、完了などの操作のステータスに関する視覚的な手がかりや警告を提供することです。 これらのさまざまなライトは次のサイトで見つけることができます。 インジケーターライトのカテゴリー.

コントロールパネルの表示灯の種類

コントロール パネル インジケータ ライトは、次のようなさまざまなサイズで入手できます。 6 mm8 mm10 mm、 もっと。 これらのライトには、12v インジケーター ライトや 120v LED パネル インジケーター ライトなど、さまざまな定格電圧も付属しています。

アプリケーションと産業

これらのパネル表示灯は、産業機械、自動車のダッシュボード、家電製品など、さまざまな用途に使用されています。 製造、輸送、医療などの業界は、適切な機能と安全性を確保するためにこれらのライトに大きく依存しています。

パネルインジケータライトに使用されるさまざまな材料は何ですか?

LEDパネルインジケーターライト

LED パネル表示灯は、エネルギー効率が高く、明るい照明であるため、広く使用されています。 これらのライトは耐久性があり、さまざまな電圧定格があります。 8mm 120v > 10mm 220v.

金属製インジケータライト

金属製のインジケーターライトなど 12mm メタル耐炎性 5v インジケーターライトは、堅牢で復元力のあるコンポーネントを必要とする環境でよく使用されます。 過酷な条件に耐え、信頼性の高いパフォーマンスを提供します。

プラスチック製インジケータライト

プラスチック製のインジケーターライトは軽量でコスト効率に優れています。 要求の少ない用途に適しており、さまざまな形状やサイズにカスタマイズできます。 カスタムパネルインジケータライト.

適切なコントロール パネル インジケータ ライトを選択するには?

電圧要件

適切なライトを選択するには、12V パネル インジケータ ライトや 120V LED パネル インジケータ ライトなどの電圧要件を理解することが重要です。 適切に機能するためには、電圧がアプリケーションに一致している必要があります。

サイズと取り付け

適切なサイズを選択する 14 mm16 mmまたは 30 mm コントロールパネル内の美的および機能的な統合には不可欠です。

色と機能

コントロール パネルのライトの色は単なる美しさだけではありません。 多くの場合、特定の機能を指します。 赤はエラーを示し、緑は操作が成功したことを示します。

コンプライアンスと基準

選択したパネル インジケータ ライトが、アプリケーションに関連する必要な安全規格および規制に準拠していることを確認してください。

コントロールパネル表示灯の取り付け手順は何ですか?

パネルの準備

設置はコントロールパネルの準備から始まります。 これには、正しい位置を選択し、ライトのスポットをマークし、パネルの表面がきれいでゴミがないことを確認することが含まれます。

穴あけと取り付け

次のステップでは、パネル インジケータ ライトに対応する正しいサイズの穴を開けます。 12 mm or 19 mm。 ライトをしっかりと取り付けることは、安定性と機能性にとって非常に重要です。

配線と接続

配線は、12v インジケータライトや 120v LED パネルインジケータライトなどのライトの仕様に従って慎重に行う必要があります。 ライトが意図したとおりに動作するためには、適切な接続が重要です。

テストと最終仕上げ

設置後は、パネル インジケータ ライトをテストして、正しく動作していることを確認することが不可欠です。 インストールを完了する前に、必要な調整や修正を行う必要があります。

コントロール パネルのインジケーター ライトのメンテナンスとトラブルシューティングを行う方法は?

定期点検

コントロール パネルのライトを定期的に検査すると、摩耗や破損を早期に発見できます。 これにより、ライトが適切に機能し続けることが保証され、損傷した部品を交換または修理する機会が提供されます。

クリーニングとメンテナンス

12V パネル インジケータ ライトやその他のタイプのインジケータ ライトを清掃することは、明るさと視認性を維持するために不可欠です。 メンテナンス ルーチンには、接続のチェック、緩んでいるコンポーネントの締め付け、摩耗した部品の交換などが含まれます。

一般的な問題のトラブルシューティング

一般的な問題とそのトラブルシューティング方法を理解することが重要です。 暗くなったり、ちらつき、完全な故障などの問題が発生した場合は、専門家の介入または新しいものとの交換が必要になる場合があります。 パネルインジケーターライト.

IoTとの統合

コントロール パネルのインジケーター ライトとモノのインターネット (IoT) の統合がトレンドになりつつあります。 これにより、遠隔監視と制御が可能になり、効率と適応性が向上します。

エネルギー効率

エネルギー効率への重点は、パネルインジケータライトの革新を推進し続けています。 のような製品 12ボルトLEDインジケータライト 消費電力の低さで人気を集めています。

カスタマイズとデザイン

テクノロジーの進歩により、デザインや機能のカスタマイズがより容易になりました。 特定の色、形、サイズなど 22 mm、選択肢が広がります。

スマートインジケーター

より詳細な情報を提供し、さまざまなシナリオに適応できるスマートなインジケーターが開発されています。 これらの進歩により、コントロール パネルのライトはより多用途かつインテリジェントになります。

コントロールパネルインジケータライトを購入するにはどうすればよいですか?

要件の特定

電圧、サイズ、材質などの要件を理解することが、適切なパネル インジケーター ライトを購入する第一歩です。 110V インジケーター ライトや ミニレッド 230v パネルマウント LED インジケーター.

ベンダーと製品の比較

さまざまなベンダーとその製品を比較します。 品質、標準への準拠、アプリケーションとの互換性を確認してください。

アフターサポートを検討する

アフターサポートは将来のメンテナンスやトラブルシューティングに不可欠です。 ベンダーが適切なサポートと保証を提供していることを確認してください。

注文する

すべてが完了したら、選択したベンダーに注文を出します。 次のような専門プロバイダーからの購入を検討してください。 インジケータライト.

包括的な概要

このガイドでは、コントロール パネル インジケータ ライトの重要性、材料、選択、設置、メンテナンス、将来の傾向、購入など、コントロール パネル インジケータ ライトの重要な側面について説明しました。 これらの側面を理解することで、個人と業界は情報に基づいた意思決定を行い、これらの重要なコンポーネントの利点を最大限に活用できます。

コントロールパネルのインジケータライトの環境への配慮は何ですか?

エネルギー消費

LED パネル表示灯など、エネルギー効率の高いコントロール パネル表示灯を選択すると、エネルギー消費が削減されます。 これは、エネルギーの無駄を最小限に抑えるための世界的な取り組みと連携し、持続可能性に貢献します。

材料の選択

環境保全のためには、パネル表示灯の製造に環境に優しい材料を使用することが重要です。 リサイクル可能な金属とプラスチックは、これらの製品の環境負荷の削減に役立ちます。

廃棄とリサイクル

使用済みおよび機能していないパネル表示灯は、適切な廃棄およびリサイクル手順に従う必要があります。 これには、リサイクルまたは安全な廃棄のために金属、プラスチック、電子部品などの材料を分別することが含まれます。

環境規制の遵守

メーカーとユーザーは、コントロール パネルの表示灯が関連する環境規制および基準に準拠していることを確認する必要があります。 遵守しない場合は、法的問題が発生したり、環境に害を及ぼす可能性があります。

コントロール パネルのインジケーター ライトをカスタマイズするにはどうすればよいですか?

特定のニーズの特定

カスタマイズは、特定のニーズと要件を特定することから始まります。 これには、サイズ、色、電圧 (12v、110v、120v)、インジケーター ライト 120v またはその他の定格の特殊機能などの考慮事項が含まれます。

メーカーとの連携

を提供するメーカーと緊密に連携して、 カスタムパネルインジケータライト 最終製品が希望の仕様に適合していることを確認します。

試作とテスト

カスタマイズされたコントロール パネル ライトのプロトタイピングとテストを行い、定義された規格と意図どおりの機能を満たしていることを確認します。

仕上げと制作

満足のいくテストと調整の後、最終設計は生産用に承認されます。 一貫性を確保するために、品質管理措置を講じる必要があります。

コントロール パネルのインジケータ ライトの安全上の考慮事項は何ですか?

電気安全

パネルインジケータライト、特に 120V LED パネルインジケータライトや 110V インジケータライトなどの高電圧定格のものを扱う場合、電気的安全性を確保することが最重要です。 リスクを防ぐためには、適切な設置と断熱が不可欠です。

安全基準への準拠

パネルインジケータライトは、関連する安全規格および規制に準拠する必要があります。 ライトがリスクを最小限に抑えるように設計および製造されていることを保証します。

緊急指標

緊急インジケーターの組み込み 赤 230v パネルマウント LED インジケーター、危機的な状況での迅速な対応に役立ちます。 これにより、システムにさらなる安全性が追加されます。

定期的な保守点検

潜在的な安全上の問題を特定し修正するには、定期的なメンテナンスと検査が必要です。 タイムリーな介入により、事故を防止し、スムーズな運用を確保できます。

コントロール パネルのインジケータ ライトの美的考慮事項は何ですか?

デザインと外観

コントロール パネルのインジケータ ライトのデザインと外観は、機器またはシステムの全体的な美しさと一致している必要があります。 のようなオプション 8mm FL1M-8FW-4 パネル表示灯 洗練されたモダンな外観を提供します。

カラーコーディネート

カラーコーディネートは、機能性と美しさの両方において重要な役割を果たします。 特定の機能に合わせて、または全体的なデザインテーマに合わせて適切な色を選択すると、視覚的な魅力が高まります。

サイズと配置

パネル インジケータ ライトのサイズと配置は、全体の外観に影響します。 などの考慮事項 10 mm12 mmまたは 22 mm サイズは設計要件と一致している必要があります。

ユーザーインターフェースとの統合

コントロール パネルのインジケーター ライトをユーザー インターフェイスとシームレスに統合することで、直感的で視覚的に楽しいエクスペリエンスが保証されます。 考え抜かれたデザインにより、使いやすさと美しさの両方が促進されます。

コントロール パネルのインジケーター ライトを長持ちさせるにはどうすればよいですか?

定期点検

12V パネル インジケーター ライトなどの特定の電圧のコントロール パネル インジケーター ライトを定期的に検査することは、摩耗や損傷の兆候を早期に特定するために非常に重要です。 タイムリーな介入により、さらなる被害を防ぐことができます。

掃除とホコリの除去

コントロール パネルのインジケーター ライトを清潔に保ち、ほこりを付着させないようにすることで、コントロール パネルのインジケーター ライトが最適に機能することが保証されます。 ほこりが蓄積すると、LED パネル表示灯の減光や効率の低下につながる可能性があります。

電気メンテナンス

12 ボルトの LED 表示灯やその他の定格電圧の接続や配線のチェックなど、適切な電気メンテナンスを行うことで、電気的な危険や誤動作がないことが保証されます。

損傷した部品の交換

損傷した部品や機能しない部品はすぐに交換してください。 にあるような高品質の代替品を使用する インジケーターライトのウェブサイト パフォーマンスの一貫性を確保します。

メーカーのガイドラインに従ってください

コントロール パネルのインジケータ ライトのメンテナンスと使用については、必ずメーカーのガイドラインに従ってください。 推奨事項を遵守すると、ライトの寿命が長くなります。

産業用アプリケーションにおけるコントロール パネルのインジケータ ライトの役割は何ですか?

プロセス監視

コントロール パネルのインジケータ ライトは、さまざまな産業プロセスの監視において重要な役割を果たします。 などのライトの活用 120v LED パネルインジケータライト 操作のリアルタイム追跡に役立ちます。

安全表示

産業環境では安全が最も重要です。 警告または警告用の 12V 表示灯など、特定の色や種類を使用すると、事故を防止し、安全な作業を確保するのに役立ちます。

システムステータス表示

産業用アプリケーションのパネルインジケータライトは、システムステータスに関する視覚的なフィードバックを迅速に提供します。 オペレーターは複雑な分析を行うことなく、稼働状態を把握することができます。

特定のニーズに合わせたカスタマイズ

業界ではカスタマイズされたソリューションが必要になることが多く、コントロール パネルのインジケーター ライトは特定の要件を満たすように調整できます。 例えば、 カスタムパネルインジケータライト 独自の産業ニーズに合わせて設計できます。

適切なコントロール パネル インジケータ ライトを選択するには?

目的を決定する

110V インジケーター ライト用か 12V インジケーター ライト用かに関係なく、特定の目的を理解すると、適切なタイプを選択するのに役立ちます。 これにより、機能要件との整合性が確保されます。

電圧を考慮する

12 ボルト LED インジケータ ライトや 120 ボルト パネル インジケータ ライトなど、正しい電圧定格を選択することは、互換性と安全性を確保するために重要です。

品質を評価する

品質評価には、建築材料、明るさ、耐久性、基準への準拠性のチェックが含まれます。 のような高品質のコントロールパネルインジケータライト このカテゴリー 信頼できるパフォーマンスを提供します。

美的要素を考慮する

デザイン、色、美観を考慮して、選択したパネル インジケータ ライトがコントロール パネルの全体的な外観を確実に補完するようにします。

コストと保証を評価する

コスト、保証、サポート オプションを慎重に評価することで、選択したコントロール パネル インジケータ ライトが品質を損なうことなく、価格に見合った価値を提供できるようになります。

スマートインテグレーション

スマート システムと IoT との統合が新たなトレンドとなっており、コントロール パネル照明システムのリモート監視と制御が可能になります。

エネルギー効率の高い技術

12V パネル表示灯などに LED などのエネルギー効率の高い技術を組み込むことで、エネルギーの節約につながり、持続可能性の目標と一致します。

小型化と革新

小型化とデザインの革新の傾向により、次のようなよりコンパクトで視覚的に魅力的なパネル インジケーター ライトが登場しました。 12.5mmパネルインジケータライト.

カスタム ソリューションの採用

次のようなカスタマイズされたソリューションの採用が増加 カスタムパネルインジケータライト 企業は、特定のニーズに合ったオーダーメイドのソリューションを利用できるようになります。

持続可能性に焦点を当てる

持続可能性への注目の高まりは、制御パネル表示灯の製造における材料の選択と製造慣行に影響を与えており、環境責任に対するより広範な社会的傾向を反映しています。

包括的な概要

コントロール パネル インジケータ ライトに関するこの包括的なガイドでは、理解、選択、設置、メンテナンス、カスタマイズ、安全性、環境への配慮、美観などを含むさまざまな重要な側面をカバーしています。 これらの洞察は、個人、専門家、業界にとって、コントロール パネルのインジケーター ライトに関連する情報に基づいた意思決定を行う際の貴重なリソースとして役立ちます。 適切なサイズ、電圧、設計の選択、あるいは安全基準や環境基準の遵守など、このガイドではこれらの重要なコンポーネントについて包括的に理解できます。

米国におけるコントロール パネル インジケータ ライトの価格

コントロール パネルのインジケーター ライトに関しては、適切な価格を見つけることが意思決定の重要な要素となります。 利用可能なオプションを簡単に選択できるように、米国におけるさまざまなタイプのコントロール パネル インジケータ ライトのおおよその価格の概要を提供するための調査を実施しました。

コントロールパネルの表示灯の種類

まずは、市場で入手可能なさまざまなタイプのコントロール パネル インジケータ ライトを調べてみましょう。 さまざまなオプションの内訳は次のとおりです。

  1. 19mm 220V メタルインジケータランプ Indicatorlight.com より
  2. 自動車用パイロットライト GlobalSpec.com より
  3. 22MM 12V LED AD16 22DSインジケーターライト Indicatorlight.com より
  4. OMCH インジケーター ライト 300種類以上
  5. 長方形のインジケーターライト LVエレクトロニクス.comから

それでは、各タイプの詳細と価格情報を詳しく見てみましょう。

Indicatorlight.com の 19mm 220V メタル インジケーター ランプ

Indicatorlight.com では、コントロール パネルに適した 19 mm 220 V 金属製インジケータ ランプを幅広く提供しています。 ただし、これらの表示灯の具体的な価格情報は検索結果には表示されません。 正確な価格の詳細については、Web サイトにアクセスするか、販売者に直接問い合わせることをお勧めします。

GlobalSpec.com の自動車用パイロット ライトとインジケーター ライト

GlobalSpec.com では、自動車のパイロット ライトと表示灯の包括的なリストを提供しています。これには、コントロール パネルの表示灯も含まれる場合があります。 残念ながら、具体的な価格情報はウェブサイトでは提供されていません。 正確な価格の詳細を入手するには、Web サイトにアクセスするか、販売者に直接連絡することをお勧めします。

Indicatorlight.com の 22MM 12V LED AD16 22 DS インジケーター ライト

Indicatorlight.com では、コントロール パネルに適した 22MM 12V LED AD16 22 DS インジケータ ライトも提供しています。 ただし、前のケースと同様に、この特定の製品の特定の価格情報は検索結果には表示されません。 正確な価格の詳細を取得するには、Web サイトにアクセスするか、販売者に直接問い合わせることをお勧めします。

OMCH インジケーター ライト – 幅広いオプション

OMCHは表示灯・パイロットランプの専門メーカーです。 制御盤表示灯を含め300種類以上の表示灯を豊富に取り揃えています。 具体的な価格情報は提供されていませんが、OMCH は競争力のある価格を提供することで知られています。 さまざまなオプションを調べて正確な価格の詳細を入手するには、Web サイトにアクセスするか、直接連絡することをお勧めします。

LVElectronics.com の長方形インジケータ ライト

LVElectronics.com は、コントロール パネルのインジケータ ライト、特に長方形のインジケータ ライトのもう 4.10 つのソースです。 これらのライトは 19 個あたり XNUMX 米ドルの価格で提供されています。 現在、XNUMX点の商品が購入可能です。 長方形のインジケーターライトが要件を満たす場合、これは検討すべき現実的な選択肢となる可能性があります。

上記の価格は概算であり、特定の販売者、数量、コントロール パネル インジケータ ライトの追加機能や仕様などの要因によって異なる場合があることに注意してください。 正確かつ最新の価格情報を確認するには、それぞれの Web サイトにアクセスするか、販売者に直接問い合わせることをお勧めします。

結論として、コントロールパネルの表示灯にはさまざまな種類と価格帯があります。 徹底的な調査を実施し、さまざまな情報源からの価格を比較することは、情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。 品質、耐久性、コントロール パネル システムとの互換性など、価格以外の要素も忘れずに考慮してください。

商品アイテム FL1P-16NA-1
パネルマウント径 16 mm
お問い合わせ方法 ピン
インストール方法 ネジ留め式端子
ランプの種類 LED製品
定格電圧 AC/DC, 3V、6V、12V、24V、220V、380V
ランプの色 赤黄青緑白
プロダクトデザイン 平頭
シェル材料 PC
ベース材料 PA66ナイロン
端子材質 真鍮
アプリケーション コーヒーメーカー、厨房機器、家電製品、自動車、医療機器、産業機器など
成分 お名前 材料
レンズ PCプラスチック
金属体 H59真ちゅうまたは304ステンレス鋼
ワーサー T10冷間圧延鋼
ゴムリング SILシリカゲル
ナット H59ニッケルメッキ真鍮
住まい PA66ナイロン
光源 LED製品
抵抗 金属フィルム
ケーブル PTFEAWG22mm²
プラグイン C2680RoHS真ちゅう
アイテム
定格電圧 3V-780VDCまたはAC
定格電流 20mA
定格出力 0.2W
絶縁と耐電圧 1800V
働く人生 100000h
電気的寿命 100000
耐寒性 -40℃
耐熱性 80℃

お問い合わせ今すぐ